ハナハル十文字
Text Size :  A A A
||  毎日  ||  カプラコタ  ||  Link  ||  わたし  ||  メール  ||
今日はどんよりくもり。
ちょっと前のおはなし。たんぽぽたちはやっぱりおひさまが似合うねぇ。
Img_105c7c347bc2c572569b4d4b5354804b189cbca8
草むらの上はお山とおんなじ。何食べてもうんまいっ!
Img_11a696982035a0a80a332f64d6bff5f24b9fcd8b
コロッケって、塩かけるとおいしいのね〜
6月9日。霧→晴れ。
群馬県と長野県の県境へ
Img_18aafa454b322b91e98bb360fb76716698a6403f
船のようなカタチのかっこいいお山。荒船山(標高1423m)。
この見た目と違って、やさしいブナの森でした。
Img_01d8ed8f1cab20a84fee41ca9e24c0c95002006f
Img_6a893267859c4cc54151b63cc6c0b8c78ab33c9c
Img_dde35de36e558cd15b964be77a70c89aa027f4b2
どれだけ上を見て歩いたことか(笑)
ずっと霧の中だったけど、鳥の声が不安を消してくれるような・・
やっぱり森の中で生き物の気配が常にあるのは、なんとなくほっとするワタシ。そりゃぁ、森のくまさんだったらちょっと考えるけど。。
Img_65ac59f814cce5c11d1eaa8b632885bf8270c435
早朝に登り、遅い朝ごはんを展望台で食べて来た道を戻ります。
(もちろんこの日は展望なし!晴れていたら北アルプスも南アルプスも見えちゃうみたい♪)
あ、山頂付近は「ここが一番上?」ってくらい、平らなブナの林でした。

晴れていたらそれで。くもりならそれで。雨ならそれで。
お山歩きはいつも天まかせ。この森は雨が似合うような気がしたのでしたー
紅葉シーズン、きれいだろーなぁー♡また、近いうちに歩いてみたいお山になったのでした〜
Img_75f25c8dd8b167b1917097d4b2b156475c884688
上手に作るねぇ。
西洋式牧場の中で日本一古い歴史をもつ、群馬県 神津牧場 (Click!) へ行ったとさ。
Img_d94d680194d99a8c513025eb8b1ab1d661d4e63c
どのコもかわいいーー!!
ここの牧場はとにかく広いっ!標高1000mのところにあるから空気もおいしいっ。
自由きままに草を食べる乳牛を、いつまでたっても飽きることなく見ていられるのでした〜
写真のコたちは1週間〜2週間前に産まれたコ。牧場のお兄さんが「おっぱいだと思って指吸うよ!」て教えてくれたけど、Hanaのはいまいちだったみたい(がーーん)
Img_71053f490ac57432c6b9048ef6475b0f5e1504db
Img_c055398cf65df9dd7de3035c04a4728d5f27b201
のーーんびり(本当は違う?どうなの?牛さん!)な牛たちの牛乳で出来たおいしいソフトクリームいただきますしていたら、「牛が戻ってくるよ!」って牧場の方。
「ん?戻ってくる??」とワタシ。
ソフトクリーム食べながら見る先に、牛牛牛牛牛・・・・!!

わぁぁぁぁっ!開いた口が、まさにふさがらない(笑)なんせ彼女たち、サイズがおっきいの!
Img_f9cf60c337704532803cef1fdc44237d5f49f334
広大な土地で放牧されている牛たちは、14時から牛舎で乳絞りなんだそうな。そっかー。
そしてなぜか、牛たちと目が合う。(自意識過剰かも。笑)

私「あ、すみません。ソフトクリームいただいています。」
牛「・・・・・・・・・・・」
Img_f33b971bbc425748f915d00481100e61fd69ac02
平日だから、貸し切りのような状態だったけど、乳絞り体験も出来るみたいだし
チーズを作ったりも!きっと休日は混雑しているんでしょうね。

まきば好きにはたまらない。そこにいる牛や山羊たちも、働く方々も。すてきな牧場でした。
Img_3fb812437e8cc8c976f18334c996e6e82f4a6f16
ハイジ〜
Img_fdf05402826873ace037a2c057d75f6c1882ef84
ちょっと疲れを感じたら、由紀夫(ヤギ)とのデートを思い出すようにしている(笑)

撮影:ヨシク


___________________________________

HappyBirthday Kai
おめでとう。

苦手な6月で楽しみなことは

①Kai が歳を重ねること。
②あまがえるたちに出会えるようになること。
③ボーナスがもらえること。

んーーー案外楽しみあるね(^ー^)
晴れ。
暑い時はお山に限るね!
Img_c7e95dbf73307191bec39bdba45a4c9411e80cb7
Img_5c04c795582c1657243926f821471d861a1c2a41
Img_705242d37a36161e3985683962b20b119192f378
Img_ca14f5a035ca3d7e32c03d8f95d890f5c33314f8
標高が少し上がっただけでもだいぶ涼しいから、やっぱり暑い時はお山に限るね!近場にある栃木県、矢板市の宮川渓谷に足を運んでみました。ここはとてもすきな場所です。渓流沿いを歩けるようになっていて、しばらく遊べるよ。

よく、カレンダーとかであるような、渓流の流れが糸みたいに写ってる!そんな写真が撮りたかったんだけど・・・ん〜難しい。明るくなりすぎちゃうんだわ。とほほ。
Img_72973e32de1e4e939e520c936690dd748e829ba9
しっかし、コケが本当に美しい。
Img_3ce4bcef3eabbb34f543363c75cf768577e9d46a
湧き水があってね。お裾分けさせてもらいます。最近の我が家のお水はこちらでお世話になってるんですねー。お山のお水で煎れたコーヒーは本当においしいのです♪キレイに整備されていて、なんともありがたや〜冷たくて冷たくて、10秒も触っていられないっ!お近くの方はぜひともおすすめでーす!
お山歩き。
おとなりの 福島県、会津駒ヶ岳(2132m)へ。
Img_5f8d9decead89bbf53007067c4214d35a0b66481
Img_ea63d54de73ba267791a31e951b0ab78877d622a
Img_75bb9a562d4a821af581189ac7dfa868a7b316dc
Img_1c3aeefd1143acec9f8a0bed4c8908f6b9f6680c
Img_98e31ba9ad2b32d66c900f84d497baae871f5f6b
ミツバオウレン・ショウジョウバカマ・ツマトリソウ(?)
花の百名山!の会津駒ヶ岳。雪解けと同時に咲き始める、
ちいさな高山植物に励まされながら山頂へ。
とにかく急登続きなブナの森(ずーん)
弱音ははかず、ヘルシアスパークリング片手に登る!登る!(笑)
Img_cd41b0bb4cdbb612b5867383ca49eced647cd409
森の生き物苦手な方は注意!(笑)
Img_08ee61882ba5811491489e1e368979bf29eb48ea
Img_99b50ae38fbf243bd290829afdf16baa69415d90
森を3時間程歩くと稜線へ。とにかく天気が悪いっ!(げぼー)
このあたりから雪渓に変わってきます。ガスがひどく、入山者も今日は3名・・
足あとすら無い(ずーん)不安そうな本日のパートナー、ヨシク(笑)
ちなみにね、天気がよければこんな風なところです↓
Img_90ab170b24ea6cc18eaf432450dcc271ac2ae9e6
きれーーい!(こちらは秋のころ。)
前回の記憶をたどって登れば小屋到着。小屋っていうのは本当に安心するな〜
笑顔で迎えてもらえて、ほっとした♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
雪渓の中にも目印はあるけれど(赤い棒)、視界が悪いとそれすらも見えないのね。
日本アルプスの山などは雪渓の距離が長く、風も強すぎるから、
場所によっては目印の棒が立てられない。
小屋の方が紅ガラを雪の上にまいてくれていて(ヘンゼルとグレーテルみたいに)
雪の上の赤い印をたよりに進むのですー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

天気は天まかせだけれど、なぜかいつも、雨やガスがひどい日は
そこで出会った方たちとこころに残る時間の共有が出来る気がして・・
景色の代わりにお山の神様が巡り会わせてくれるのかな。
そんなことをぼんやり考えながら下山!

展望ないから下山の写真なしです!(笑)