ハナハル十文字
Text Size :  A A A
||  毎日  ||  カプラコタ  ||  Link  ||  わたし  ||  メール  ||
Img_6cc0e2fb97d313d67a28908b9f223146d8322511
ずーーっとベージュ色。生き物の気配はまるでなし。
とにかく爆風で、ほっかぶり(目だけ出ている状態)したい気分!よくセスナ落ちなかったな、って改めてそんなことを考えてみる。恐い。
Img_c412eda1d02ac667245714fe633b0383ef87dd12
Img_e0798815f321c92383c0208e03778924e9da51f5
は:「あ、お疲れ!きみたち、アッパームスタンから帰ってきたのかい!?」
馬:「・・・・」

お金がある方だと、馬でアッパームスタン(より中国側)へ行くツーリストもいる様子。
そうやって、毎日このコたちは往復してるのかな。稼ぎ頭だね!今回、我が家が向かったムクチナートまでは徒歩2日。ガイドもポーターも付けなかった。もちろん、ガイドやポーターがいたら荷物だって背負わなくていいから楽だし、たくさんのことを教えてもらえるかもしれない。だけどそれってどうなんだろう、っていう想いがあった。自分の荷物は自分で背負う、地図を見ながら目的地まで自分の足で向かう。ものすごいシンプルなこと。そのおかげでお金を落とすことは出来ないけれど、なぜかすれ違うガイドやポーターたちの目がすごく暖かく感じた。今回のルートで、ガイドもポーターも付けていなかったのは我が家だけだった。
Img_2ee8e668bc8fd4d90a3a6569950e61ec8426c77e
Img_11c99b2e3f5bae67486299d827c54f18c55b7474
Img_a6378e3bd84059cae6f1e2e623263294acee4deb
Img_4bc4ebb937a2789b794dc295b6288e239334e8e9
何時間くらいだろ。ひとつ目の村に到着。「エクリバッティ」。

エイク:ひとつ/バッテイ:宿

昔は本当にひとつだったそうな。今は4軒くらいあったかな。建物がHana好み^^
振り返るとアンナプルナ方面、天気悪っ!こりゃ降られるかぁ(汗)ここには立ち寄らず、先へと進む!



【ネパール裏情報】
ネパールの殿方、どいつもこいつも「ク カァ〜ッペッ!!」
ってツバ吐く(笑)
場合によっては触りそうになって、あぶないあぶない。
道でも「カァ〜ッぺ!!」
空港ロビーでも「カァ〜ッぺ!」
いい加減にしろっ(笑)
Img_c215e811d42d982d9dccf06355324957d3f197cd
Img_5eb9210d2385c63ee0eeb72c95337c4e902aa847
ずっと生き物の気配を感じないまま歩いていたら、向かい側のお山に動くもの。
水牛が村へ戻ってくる時間だったみたい!向かい側のお山、っていっても軽く3000mは越えてると思う(いや〜スゴいな、世界って^^)毎日食べるものを求めて朝上がっていると思うとスゴいこと。
Img_32baa33b0bd728f3ef9d72ab98f0cb8e584d8e2e
あ”ーーーー建物みえだーーーーっ(半泣き)
ジョムソンから2時間50分、本日のお宿「カグベニ」到着。たった3時間だけど、考えてみればポカラから移動しすぎ。セスナで恐怖体験をし、頭の切り替えも出来ぬまま爆風の中歩き始め、ひたすらベージュの世界を歩いてきたのだ!悩むこともなく、1軒目の宿に決定(笑)まだまだ先は長いけど、順調順調^^
Img_7e1f444002beab010615e44c1f13567921f1fff2
Img_328f759211444a0b17a215636a62c3f1eeb32be3
【ANNAPURNA LODGE】
 KAGUBENI-7,MUSTANG
 NEPAL
 一泊一人 Rs150(約150円)
Img_9cf6523ae06e5502646d893fb4fa4662b2303936
Img_f15b30c6c100234cfdaeb477daba880e9515b04c
登山靴を脱ぎ捨てて(その瞬間がめちゃくちゃすっきりして好きなんですね〜)ビーサンでカグベニの村をおさんぽ。チョルテンの下に空間があったので(右側の写真)おそるおそる覗いてみたら360℃お釈迦様の壁画!!!四方八方神様に囲まれる感覚は圧倒と共に安心感がありました。外観からは想像の出来ないカラーの世界。


Img_131e0e22c8b57aad680d71855721435aca61925f
あーーー
「ヤクドナルド」みーーっけ!(笑)

カグベニにマクドナルドならぬ、ヤクドナルドがあるから行ってみて♪とジョムソンで出会った偉大な方(後日登場してもらいましょう!)に聞いていたのだった^^
もちろん、ヤクドナルド体験しましたよ!
何でヤクドナルドって??
ヤクの肉だからで〜す(笑)
でもヤクってネパールにしかいないでしょ。
食べる価値ありだよね!!
Img_7b1a2db4f03d923e67d74842d47cc2c1afcd636d
ヤクドナルド Rs320(約320円。高いっ!)
お山の上なんだから、食べ物が高価なのは仕方ないねぇ。
Img_d82f9713a03310112d90aae79c5f85eff89626da
Img_51254cd93ea2cf1abf77fa3c816b73fe9e64d6c9
朝は早うから羊?ヤギ?たちの低くて心地いいベルの音で目覚める。それ以外はなにも聞こえない、静かな静かな朝。前日は少し頭が痛くて(汗)ケロリン登場。「メシどーすんの?」って宿の兄ちゃんが部屋に来たのはいったい何時だったんだろ。おそらく7時前には消灯していたと思われる(笑)
Img_a7f1a5f7744073f0ccdcf8c53aa5758980c866fe
Img_723afe21b8a1fff304eae712d4b619e57dd14ace
朝ごはんはトーストにじゃがいも炒めに卵、ムスタンジュース、ミルクコーヒー。Rs320(約320円)
ネパール定番の朝食ごはん。このじゃがいもがめちゃくちゃおいしくて、しかもお腹にたまるから調子がいい♪ムスタンジュースはパッションフルーツに似た味(?)食べ物がほんとうにおいしい、こちらの国は♪
Img_9d62ef078e93410242cb66bff090453e4ecfd362
早朝、6時前から家族で稲刈りしてました。ここ、ムスタンは世界でもまれな農作物が育たない地域。
これから来る、閉ざされた季節に向けて大切な収穫の時期。



【本日のネパール裏話】
お花を飾る習慣があるみたい!
テーブルの上には必ずお花が飾られています。
Img_0522cbf19b8c40dce1d6d186f063fb042a697226
Img_b65c1225543814d31b0c5e7f6bbf43a76a467c91
みなさん、体は何で洗う??Hanaは石鹸派です^^
石鹸パッケージ、お気に入りを集めてみました♪
案外 海外製のほうが、オーガニックだったりして肌にやさしい。
Img_ca61aa44ba4437cb1d66dfdcdee1e36399cefa76
ムスタンは太古の時代、海だったんだね。海の中を歩いていると思うと、ほんとうにわくわくする。日本でもそうだけど、お山はタイムスリップ出来る場所だから歴史とか地理が好きな人はハマるにちがいないですょ^^
さて。「地球の◯◯方」には目的地のムクチナートまで徒歩3時間と書いてあったっけ。地図を見ながら、ほんとかなぁ?と疑う(笑)ただでさえ、のんびり&寄り道しまくりだしね^^
Img_11106e46f1d76bd63976fe2151824261b877392f
Img_a2b6e031dac56f12959cd097c2f9e2971e029d48
Img_e9549afdb7419f33bb1f730c9207afa17d79eb8d
途中、日本語の上手なおじさんと会話する。「ムクチナートはきっと雪だよ!ここからだと5、6時間かなぁ〜」とのこと。ほーーーーら、やっぱりね。予感は的中!(笑)

しっかし、ほんとうに誰もいない。思えばずいぶん遠くへ来たもんだ(笑)ときどきヨーロッパの方やその方々のポーターにすれ違うくらい。しっかり手を合わせて「ナマステ」と挨拶すれば、100キロ近い荷物を頭と背中で担いでいるポーターたちも笑顔で挨拶をしてくれる。

休憩にぼーーっとしていたら、風に乗って羊とヤギのベルの音。心地よくてずっといてしまった。
Img_0e8938604a5e5d7113284fdbe1bbb3a41a76a52e
Img_10104866933e8346b62b67dd2290a7f314f10cd6
みんなが食べている草、なんだろう?と思って近づいたら「痛いっ!!!」
トゲがいっぱいある見たことない植物。このあたりはそれしか食べるものない。スネから流血するHana(笑)すげーーもん食べてるなぁ〜 このコたちの口の中は世界最強に違いない(笑)
Img_4bdcf206f34b6de8ef2836f1d7bd63ac506caa5f
あーちょっと晴れてきた〜



【本日のネパール裏ばなし】
ムスタン(チベット)の若者は腰パン!!
Img_e8c6576becbff92f961e15de15093364c7fe7c6d
Img_5bb4c504558fdb7c8acbac40e1f626194d6eef31
Img_47b750b3155cefc27d8fc3fbfeffba8b72cea9ed
Img_358e03b40620c10ac16070519cf23a6c129e2fb2
Img_2869ebc9158e3e404ab2eaa5915451eff5792f0a
Img_7960823bcb680cae2cef5c2656903b3239f4fbe8
Img_6cc5359515a45bc5e3aeeaa99cdf36bac01d90fc
ムクチナート、遠かったぜぃ(笑)結局5時間半かかりました。よう歩いたのぅ。
ヒンズー教のお寺と、チベット仏教のお寺がとなり同士、仲良く共存していました。なんだか不思議な感覚。神様はケンカしないんだね。ムクチナートはヒンズー教(ビシュヌという世界を作ったとされる神様)の聖地のひとつなので、インドの方も時期外れのこの季節にけっこういましたよ。途中、ひどく疲れていたところに雪、そんな中一軒の茶屋発見!10代の女の子が店先でヤクウールのストールやチベタンアクセサリーなどを凍えながら売っていました。我が家はその家族にミルクティを煎れてもらって元気回復。あまりにも心地の良い家族だったので、ストールを買うことにしました。女の子が提示した金額は相場の倍。でもなんだか、この家族ならその金額を払ってもいいなと思った。家族5人が1ヶ月は暮らしていけるだろう思われる金額を支払うと、ほんとうに嬉しそうだった。ネパールの方はお金を受け取るとき、必ず右腕に左手をそえる。お金を出す側も受け取る側も、納得して売買しているあの雰囲気が好き。
Img_51c6331f7a34a78a09dd7b5dfd3fabf13d836725
実は途中、道を間違えて(笑)知らずに歩いていたら、おばあちゃんが声をかけてきてくれた。あたしもそっち方面に行くから着いてきなさい、とのことだった。おばあちゃんの歩幅に合わせてゆっくり登っていった先に、ムクチナートがありました。ありがとう。ナマステ。


{The Royal Mustang}
一人 Rs150(約150円)

*シュラフが役立つ!標高約4000m!
Img_05210734f6e18fba0a127e8072d1937d2b951dc1
Img_311a8816e59d1c92aaebb83d4211ba181e1d1154
Img_c23f1396a6d68b073aee3f024ce38c6b0034445d
Img_5bc589301a960128dc9d8d792fe6da6c0db7bbed
なんと!食堂にエアコンがあったの!しかも2台も!おかげで停電しまくりだけどね(笑)だいぶ快適でした。ゲストハウスのロイヤルムスタン。
Img_c02f4835751ff06cdcfa94bb2626dee4b1567aab
Img_658974ccf9a428262cc442a9f5f3ec38f533da47
Img_1d0bdea402a6c20536466371dd230e1f29a483cb
朝も早うから機織りするおばちゃん。ネパールの方たちは6000mからがいわゆる「お山」と呼ぶそうで、ここ富士山よりも高いところにある村は・・ただの村です!(笑)
Img_053f2855c2c5da8b7ec885dc5962de6a6578928e
おならが止まらないムクチナート。(苦笑)よく食べてる、おいしいじゃがいものせいだと思っていたら、「高山病の初期症状」だった!!消化不良でおならがたくさん出るそうよ。人間の体ってすごいな〜ってのんきなことを考えてしまった。お腹をひどく壊すことなくここからは下山です。
Img_7a494aecb9d44bfd4e31c5b230fa63072eb7278a
あらゆるものが、やがてくる次の季節に向けて動き始めるとき。木々も、人も、動物も。収穫の秋とは何ともうまいコトバだと思う。なにも、穀物や果物だけじゃない。この1年間、何をしてきたのか静かな冬に向けてじっくり自分と向き合うことで得られる収穫がある。日本から遠く離れたこの土地にも秋という季節があるなんて、考えたこともなかった。
Img_c5a8dd8260350cc773cf0186dc28302b87e00a8d





さーて。帰りましょー
Img_9c698129b07b92412875afd08c20332d80cc3e6a
Img_62ec5b3eaef89da4a6b38a2c843bb4add0a2bd37
Img_1fa1402a232785e85abd5a5d8823170ed3d8acc5
眩しいほどのお天気。こうやって帰り道にいい思いをさせてくれるのが、お山の神様。ずるいよね、また来たいようにするんだから(笑)
Img_6397a949a0ad9e3d7ae7bdb64ddc2a9a747f6fd5
何気なく飲んでたムスタンジュース、これは何かの木の実らしい(説明してくれたけど、言葉がよくわからなかった^^;)。これがこの地でしか飲めないことを、日本に帰ってきてから知りました。。お湯とお水、どちらででもいいみたい。原液を薄めて飲むんだわ。
行きしなストールを買った家族のところで、のんびり休憩。注文したミルクティーとは別にごちそうしてくれました。





三脚あってよかった^^
Img_43fab5cf8cbab91ff9575a4e894bc4f0a6ecca17
Img_13468cde5c85d7e81bbc344459122b0e1cf72ac1
Img_ab35119d99e2929fa98f608798640314fbdfff5e
Img_8ff22dbb08d8fc7bf27ba42fbd55327bbd4031d7
売り物の下で寝ないこと!笑
Img_5748cbc514115d2d8d29ccf63f2fb35f8600b6b2
Img_67304298c49888a19d741c5667bc9587ee95104c
xanadu 1部屋Rs800(高いっ!)
Img_29ab861577a109fe75f6b00e1834fba1e981ee8c
MDSA http://mdsa.info/
Img_2e73cbc94b7e93bda9fc5c5cbd0204c27a07630a
飲食店の舞台裏
Img_8e7da77fcd48b240db3fb6955a2a73f6ae28c419
停電中(笑)
Img_dbbceed04be9e9309a5283b565127b3ef5aeef5c
近藤先生のおかげで、作物の育たないムスタンにもりんごがたくさん収穫出来るようになったり
最近ではお米つくりにも成功されたそうです。滑走路が短かすぎて常に頭から墜落していた国内線も
近藤先生のおかげで滑走路が長くなったそうです。90歳を越えたじいさまと、それをお手伝いする
金子さんと有沢さん。ネパールで、偶然あの木の下でお会い出来たことをとても嬉しく思っています。
日本人とわかると、とても優しくしてくれるネパールの人々。その裏側には、その国に全力を尽くして
いる日本人がいるからこそ、ということを思い知らされました。 (Click!) 
Img_ddbffe4435963e4620967e48b63ef79429d3c155
Img_741012967ea5a0a10ce746fd6e4cacf8ca2254be
撮影:キャビンの子。ダウラギリ山
Img_5574adf76fecf290c26a4b4ca805219fcbfc2cfb
ボディチェックはこの中。男女別。
Img_055f1742998631d63cd6db031d21cbb19fd7dc43
Img_222532e49fb1a203e9ed96e9138361f015fc9bcf
Img_f64fd2ea5d27979d5977976b4581bf917fec0107
Img_54b829933b25e9a45ac6b0efa49298b5bb6d848d
みんなのチョウタラの木。その下は休憩所。
Img_fcd26de31d9892942f0119c39b7ae28893241d33
各Rs10(約10円)うまいっ!
Img_5de407e7995921b832da205afe7948a6d3ecc6e6
Img_76354dc83c98d0bd28a00ccaa262cf6b84eca363
Img_13beffd13346ce95d76f26dafe2ccaebeadc40da
Img_9de9c6e5789b0d3132317edec00f8a7cb1b9e76e
Img_b567a777c444ebce9e5055b317c0e954a9e38534
Img_611751c0ce6f6c29417a5c2c0676b05f9061387c
世界遺産だし、とにかく活気あるし、排気ガスまみれだし、金に困っている人だらけ。外国人はすぐにカモにされる。大げさだけど、信じられるものを見抜くチカラが必要。お山から下りてきたものにはココロが付いて行けず(笑)一気に風邪をひくのであった。弱い〜
Img_f676b4adcebba8f3de29e5979254b2187b05eedf
マリーゴールドがお似合い。
Img_c56c75e5638466528c761ab41f2ca7b58e575124
HOTEL NORLIN 確か1部屋Rs1500(約1500円)超高級!
Img_627c5b02cb3940e71673ddf031e43d177b3dc17a
Img_821bf88e328d0a7c2471c2f206b43da42e83d59e
牛!??(笑)
Img_c3dab578a2285e2d2150b70e983dbfd609f7aebe
コラ〜!ボダナートでハッパ売るなー!
Img_f05f256445f77f2a6e0bfba38ecf1db94c33a10c
チベタンモモはぎょうざ型。
Img_061fab01e2408c0e273309a24b70270bd54807fe
布製マスク。ヤンキーのようだ(笑)
Img_fe6f328f35f3e2a5d4725259aaf46861d855b907
おでこにティカ付けられてた^^
Img_121b8157dc5f18a5530dc75d7469099c0c436bed
CD屋。6年越しの再会。
Img_f23767f344719327237a306946b6fc8430da5348
スエデックス(風邪薬)お世話になりました。
ごっちゃごちゃのカトマンズ、発熱して38度越え(笑)ネパールはカーストがあるから職業別にお店が分かれています。ツーリストからするとお店を見つけやすくて助かるけどね。薬屋さんで日本では合法ではないであろう風邪薬をRs60(約60円)で購入。これがえらい効いて^^助かったわ。お山がメインの旅だったから、もう少しカトマンズも歩いてまわりたかったな。

さ〜て、そろそろユキヤマの準備でもするかぁ〜